CD

【無人島97日目】Kings Of Covenience “Riot on an Empty Street”

投稿日:

Riot on an Empty Street

Riot on an Empty Street

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Astralwerks/Source 360/EMI
  • 発売日: 2004/07/27
  • メディア: CD

97日目。東京は快晴です。オフィスの窓から見える景色は、青く澄んだ空に、夏の匂いを孕んでさわやかに抜けていく5月の風。気温は暑くも寒くもなく、心地いい。ここんとこ続いてニュースになっている、惨たらしい殺傷事件の数々なんか、どっか遠い国の出来事に思えてしまうほど、おだやかな月曜日。1年のうちで数日しかないこんな気持ちのいい1日を、こんなとっちらかったオフィスで過ごしてしまうのは、どうなの? ねえ! みんなで公園に行かないか?! フカフカの芝生の上で昼寝をしないか?! シーンと静まり返っているオフィスで、ひとり脳内演説を大声でかましつつの、マニック・マンデー。せめてこのCDでも聞いて、5月の大空に羽ばたけ、マイ・マインド。



ノルウェーはベルゲン出身のアコースティック・デュオ「Kings of Convenience」。現在31歳のアイリック君とアーランド君は、小学生の頃からの幼なじみで、16歳の時から2人でバンド活動を始めました。01年、拠点をロンドンに移し、デビューアルバム「Quiet Is the New Loud」をリリース。当時マンチェスターを中心に起こっていた、メロディアスでメッセージ性の強いアコースティック・ミュージックのムーブメントに乗り、このデビューアルバムは一部のファンや評論家の間で高い評価を受けました。その後、1枚のリミックス盤を挟み、04年にリリースしたアルバムがこの「Riot on an Empty Street 」です。

彼らの音楽を例える時、よくサイモン&ガーファンクルや、最近だとベル・アンド・セバスチャンなどが挙げられるのですが、ちょっとボサノバの香りもして、ボク的にはジョアン・ジルベルトの音楽を、ポップスかつ今風にした感じ、というのが一番近いかと。険のない温かなメロディライン、瞑想的なギターの音色、ものうげなピアノタッチ、夢の中から聞こえてくるようなくぐもったトランペット、そして5月の風のようにさわやかで深いハーモニーワーク。お得意のYouTubeもつけておきましょう。コレコレ! 今オレがやりたいのはモロこれ! って感じの、気持ちの良さそうなPVです。





なんかいいでしょ? 耳障りなところがない、水のような音楽。ゴクゴク飲んでしまった後、その味を思い出そうとしてもうまく思い出せない、でも美味しかった記憶だけはある、みたいな音楽だと思います。このアルバムをリリースしてから、「Kings of Convenience」はほぼ活動休止中だったのですが、最近の彼らのHPを見ると、今年の3月あたりからまたライブ活動を始め、親交のあるコーネリアスとのコラボを発表するという告知も出ているので、ニューアルバムを拝聴できる日も、遠くないかもしれません。

彼らの音楽を聴きながら、オフィスの大きな窓から5月の高い空を見ていたら、すっかり気分は公園の芝の上。うとうとうたたね状態のマニック・マンデー。そろそろ帰ってこいや、マイ・マインド。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島113日目】坂本龍一 “/04”

/04 アーティスト: 坂本龍一,坂本龍一,MC SNIPER,Peter Barakan 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2004/11/24 メディア: CD 113 …

【無人島290日目】Suchmos 『MINT CONDITION』

MINT CONDITION 290日目。ランチ時に外に出たら、頭上の高いところから、今年最初の蝉が鳴いておりました。日本人は蝉や鈴虫などの虫の音を、言語と同じ「左脳(言語脳)」で聞いていて、これらを …

no image

【無人島155日目】Justin Nozuka “Holly”

Holly アーティスト: Justin Nozuka 出版社/メーカー: PIAS 発売日: 2008/04/15 メディア: CD 155日目。世の中にはブラーザーズ&シスターズで活躍しているミュ …

no image

【無人島169日目】牧野竜太郎 “RM”

RM アーティスト: 牧野竜太郎 出版社/メーカー: JAZZZ 発売日: 2008/07/02 メディア: CD 169日目。ボクには、身近な人の作品や仕事などを「過小評価」してしまう悪いクセがあり …

【無人島221日目】Everything But The Girl 『Time After Time』

Acoustic(SHM-CD) 221日目。今から10年以上前の話ですが、ボクはアメリカのロサンゼルスで働いていたことがあります。本当はニューヨークに住みたくて、現地の日本語出版社に入社したつもりが …