CD

【無人島265日目】矢野顕子 『ピヤノアキコ。』

投稿日:2014年5月18日 更新日:

265日目。先日ジャズピアニストの奇才、キース・ジャレットのソロコンサートに行って参りました。たった一度きり、その場限りのメロディを即興で紡ぐジャレット氏の演奏には、その集中力を維持するために「完全な静寂」が必須とされておりますが、そのせいか開演前から会場はなんだか物々しい雰囲気に。何度も繰り返される「静かにしててよね! キースがヘソを曲げたら、あんたたちのせいだからね!(←意訳)」という脅しにも似た主催者側のアナウンスに、今のうちにやっとけ的な空咳や、さっきしたばかりなのになぜか落ち着かない尿意に、客席はテスト前の試験会場のようなざわざわ感。いよいよ明かりが落ち演奏が始まると、今度はちょっとでも咳をしようものなら吊るし上げを喰らいそうなピリピリとした緊張が漂いはじめ、本番に弱いボクは理由もなくお腹が痛くなりそうでした。

でもそんなこんなも、ジャレット氏の演奏を聴いていくうちに、なんだか当たり前のことのように思えてくるのです。「オレはアーティストだ、聴け!」「こっちは客だ、聴かせろ!」というエゴのぶつかり合いではなく、アーティストと観客がお互いに息を詰めて、初めて紡がれるメロディの誕生を見守るという非日常的な時間の共有。

微妙な例えですが、やたら高くまで積み上がってゆらゆらしている「ジェンガ」のワンピースを、さらなる高さに積もうとしているプレイヤーの指先を、周囲が黙って見つめているあの感じに似ています。その作業が難しく、その対象が儚く脆いと知っているからこそ、例え自分には何の得もなくても、誰もが息を止め成功を祈ってしまう。ジャレット氏の演奏は「ジェンガ」よりもはるかにスリリングで、危うく、そして官能的で、言われるまでもなく観客は、ただただ息を詰めて見守るしかないのです。

って、その場にいた人じゃないと全くなんのこっちゃな話かもしれませんが、繰り返し練習した成果をリピートするアウトプットと、練習で蓄えた力をその一瞬限りに最大限発揮する即興では、基本的に使う筋肉が違うのかなと思うのです。それはボクごときでも知らず知らずに日常で使い分けていて、両方をバランスよく鍛えることが大切なのだろうなと。

そういう観点から今日は前回に引き続きこの人のCDを紹介します。57日目にも紹介した矢野顕子氏が2003年にリリースしたピアノ弾き語りベスト盤『ピヤノアキコ。』。収録曲の半分以上が他のミュージシャンのカバー曲であるこのアルバムは、原曲がありつつ彼女の即興がそれに被っていくという、原曲をなぞるという筋肉と、それを壊して新しいメロディを紡ごうとする、2つの筋肉を同時に使って演奏された曲のコレクションです。

原曲を超越した彼女の自由な歌声は、ジャレット氏が演奏中に唸る遠吠えのような声にも似て、音楽という名のドラッグにすっかり蝕まれてしまったアーティストのエクスタシーの発露なのでしょう。耳覚えのあるメロディをすっかり凌駕して、二度と同じには紡がれないであろうメロディが生まれていくその様を、ボクらはただただ息を詰めて聴き入るしかないのです。

-CD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島226日目】きいやま商店 『さよならの夏』

さよならの夏 226日目。ボクには「幼なじみ」という存在がおりません。子供の頃から現在までずーっとコンスタントに会っているという人間は1人もおらんです。若い頃からフラフラとあちこちに生活の場を変えてい …

no image

【無人島16日目】中島みゆきトリビュート “元気ですか”

元気ですか アーティスト: オムニバス, Bank Band, 中島みゆき, 小谷美紗子Trio+100s, 小谷美紗子Trio, 徳永英明, 坂本昌之, 坂本冬美, 高野寛, 槇原敬之, 小泉今日子 …

no image

【以前の無人島31日目】中孝介 “それぞれに”

それぞれに アーティスト: 中孝介,江崎とし子,小林夏海,いしわたり淳治,岸田繁,羽毛田丈史,藤本和則 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン 発売日: 2006/03/01 メディア: CD …

no image

【無人島22日目】Hands Of Creation “Hands Of Creation”

Hands of Creation アーティスト: Hands of Creation, 小池龍平, Bob Marley, Peter Tosh 出版社/メーカー: ビデオアーツ・ミュージック 発売 …

【無人島231日目】Sarah McLachlan 『Angel』

Surfacing 231日目。英国のシンガー・ソングライター、エイミー・ワインハウスさんがご他界されたそうです。生涯でたった2枚のアルバムしか残していないにも関わらず、その類い稀な才能とスキャンダラ …