CD

【無人島221日目】Everything But The Girl 『Time After Time』

投稿日:2011年2月17日 更新日:

221日目。今から10年以上前の話ですが、ボクはアメリカのロサンゼルスで働いていたことがあります。本当はニューヨークに住みたくて、現地の日本語出版社に入社したつもりが、なぜか新オフィスの立ち上げスタッフとして、単身ロサンゼルスへ赴任となったのです。友人も知人もいない異国の土地にひとりぼっちで飛ばされ、ボクは相当ビビっていたと思います。唯一の頼み綱は「困ったらこの人を頼れ」と社長から渡されたメモ。そこにはロサンゼルスで印刷工場を経営している、Iさんという日本人の方の名前が書いてありました。

ボクがロサンゼルスに到着した日、空港まで迎えにきてくれたIさんは、部屋探しや中古車選び、日本人が踏み込んではいけないエリアなど、現地に住む人ならではの情報を事細かに教えてくれました。季節は早春で、街路樹には紫色の花がついていました。「ジャカランダ」というその花の名前を教えてくれたのもIさんでした。

Iさんは当時60歳くらいだったでしょうか。体が大きく、目が細く、なんとなくゾウさんを連想させる風貌で、日本人の奥様と二人でロサンゼルスに暮らしていました。新天地でうぉーさぉーするボクのことを細やかに気にかけてくれ、オフィスに差し入れをくれたり、家に招いて食事を振る舞ってくれたりと、つかず離れずの絶妙な距離でサポートしてくれました。

いつだったか、中古で購入したボクの車で、Iさんを助手席に乗せて走っていた時のこと。カーステからはボクのお気に入りソングを集めたカセットテープが流れていました。しばらく聴いていたIさんが「いいな。これはどこの放送局?」と尋ねるので、「これはラジオじゃなくてボクが作ったテープです」と答えると、「自分で作ったの?キモッ」みたいなことを言い、「本当は気に入ったクセになんでそんなこと言うんですか。あげましょうか?」「いらんわ、そんなキモイもん!」みたいなやりとりがありました。くだらない思い出の一コマですが、なぜか今でも色褪せず覚えています。その時車内でかかっていたのが「Everything But The Girl」の『Time After Time』でした。

2年ほど後、ボクは転職しロサンゼルスを離れました。Iさんにはそれ以来お会いする機会もありませんでしたが、つい先日人づてにご他界されたことを知りました。

例えばIさんの一生をゾウの体だとすれば、ボクは目をつむったまましっぽの先っちょだけを触れたことのある程度の付き合いだったと思います。でもそのしっぽの先っちょは、不安でいっぱいだった当時のボクを、フサフサと優しくなでてくれました。「Everything But The Girl」の『Time After Time』を聴くたびに、ジャカランダの花を目にするたびに、ボクはIさんのゾウさんのような風貌と、しっぽの先っちょのような優しさを思い出します。これからもずっと思い出します。合掌。

-CD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【無人島147日目】羊毛とおはな “こんにちは。”

こんにちは。 アーティスト: 羊毛とおはな 出版社/メーカー: Living Records Tokyo 発売日: 2008/01/15 メディア: CD 147日目。東京は桜が満開でございます。魔法 …

no image

【以前の無人島19日目】Jimmy Scott “Holding Back the Years”

Holding Back the Years アーティスト: 出版社/メーカー: Artists Only Records 発売日: 1998/10/06 メディア: CD 19日目。厳しくも気持ちい …

no image

【無人島87日目】YUI “CAN’T BUY MY LOVE”

CAN’T BUY MY LOVE (通常盤) アーティスト: YUI, northa+, Kenji Ogura 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント 発売日: 20 …

【無人島231日目】Sarah McLachlan 『Angel』

Surfacing 231日目。英国のシンガー・ソングライター、エイミー・ワインハウスさんがご他界されたそうです。生涯でたった2枚のアルバムしか残していないにも関わらず、その類い稀な才能とスキャンダラ …

no image

【無人島146日目】Leona Lewis “Spirit”

Spirit アーティスト: Leona Lewis 出版社/メーカー: Syco 発売日: 2007/11/20 メディア: CD 146日目。日々おろおろしている間に、1ヶ月もブログの更新を休んで …