BOOK

【無人島66日目】松本大洋 “竹光侍”

投稿日:

竹光侍 1 (1)

竹光侍 1 (1)

  • 作者: 松本 大洋, 永福 一成
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: コミック


66日目。明けました。おめでたいです。年明けは大阪で迎え、朝までぐびぐび。元旦は実家に帰り、家族でぐびぐび。2日は友人宅に招かれ、手料理でぐびぐびと、新年明けてから、ずーっとぐびぐびしてます。ダメじゃん!これじゃあ、昨年のリピートじゃん!ダメダメ!今年はビシッと生きねば。そう、例えば背筋を伸ばし、竹光を携えた侍のように。弟子、入れては則ち孝、出ては則ち弟、謹みて信あり、汎く衆を愛して仁に親づき、行いて余力あらば、酒をぐびぐび。違う!



今年の一発目はこの本でいきましょう。昨年暮れに発刊された、 松本大洋の最新刊「竹光侍」の単行本。小学館「ビッグコミック・スピリッツ」で現在好評連載中のコミックの第1集です。

松本大洋は1967年生まれ。詩人の工藤直子を母に持ち、86年、18歳の時に「ストレート」でアフタヌーン四季賞準入選。その後通っていた和光大学を中退し、漫画家へ転身。90年にスピリッツ誌で「ZERO」の連載をスタートし、圧倒的な画力と映画的なコマ割り、そして研ぎすまされたストーリー展開で注目を集め、91年「花男」、93年「鉄コン筋クリート」、96年「ピンポン」と、新作が常に前作を上回るクオリティを持って発表される、天才漫画家です。

ボクは学生時代からこの人の漫画が大好きで、特に「ZERO」と「ピンポン」は、あまりにも繰り返し読んだため、単なる漫画というよりは、ボクの中のどっか一部分はこれらの松本ワールドで形成されてんじゃねえか?ってくらい大ファンです。5年という歳月をかけて05年に完結された大作「ナンバーファイブ」以降、待ちに待っていた新作がこの「竹光侍」。

今回は初の時代劇、かつ初の原作者アリの作品。江戸の長屋に流れついた謎の浪人・瀬能宗一郎とその隣人の息子・勘吉との出会いと交流、そしてなにやら血なまぐさい事件に巻き込まれそうなエピローグまでを結んだのがこの第1集。原作は和光大漫研の先輩で、松本大洋がたびたびインタビューで盟友として名前をあげている、漫画家兼僧侶・永福一成。

最近の雑誌のインタビューで松本大洋は「人に原作を任せているせいなのか、(竹光侍は)何年かぶりで描いているのが純粋に楽しい」と答えていましたが、本当に絵のタッチが近作になくのびのびとしていて、前作「ナンバーファイブ」で内側に深く向けられていたベクトルが、核まで届いた反動で表に戻り、つるりと表面の皮をむいたような、あっけらかんとした明るささえあります。懐にいれた爪を隠しながら、飄々と長屋の細道を抜け歩く宗一郎の痛快さは、そのまま松本大洋の今の心境なのかもしれません。

「ラクしたいわけでも、ラクが楽しいわけでもないんですよね。キツくて楽しいというか、楽しいとキツいこともできちゃう」。同じインタビュー記事で、松本大洋は自分の仕事ぶりについてそんな風に語っていましたが、曲がりなりにもモノを作る人間としては、実に身のひきしまる言葉ですな。大洋さんの爪のアカがほしい。それをつまみに、ぐびぐび。違う!

-BOOK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島295日目】谷川俊太郎 『生きる』

生きる わたしたちの思い 295日目。すっかり遅くなりましたが、みなさま、新年明けましておめでとうございます。年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。ボクは今年の正月休みはどこにも行かず、ケーブルテ …

no image

【以前の無人島16日目】アーサー・ゴールデン「さゆり」

さゆり〈上〉 (文春文庫) 作者: アーサー ゴールデン 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2004/12 メディア: 文庫 16日目。明けました。おめでとうございます。今年もです。しかしお正月 …

no image

【無人島9日目】吉田修一 “パレード”

パレード 作者: 吉田 修一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2004/04 メディア: 文庫 9日目。某SNSで知り合った、音楽と本の趣味がボクとドンピシャな「Kさん」の話は、以前の無人島でも …

no image

【無人島28日目】貫井徳郎 “愚行録”

愚行録 作者: 貫井 徳郎 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2006/03/22 メディア: 単行本 28日目。最近なにかと話題の亀田親子。ボクシングの試合よりも、その後のドタバタのほうが話 …

【無人島294日目】こうの史代 『この世界の片隅に』

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) 294日目。20年以上前に亡くなった母方の伯母は終戦の日、玉音放送を聞いて他の家族が安堵の溜息を落とすなか、「なんで負けなのよ!もっと戦えるわ!」と悔し …