BOOK

【無人島269日目】ヘンリー・ディヴィッド ソロー 『孤独の愉しみ方』

投稿日:2014年9月5日 更新日:

269日目。もうすでに1ヶ月ほど前の話になりますが、アメリカの名優、ロビン・ウィリアムズ氏がご他界されました。ガープの世界、グッドモーニング・ベトナム、いまを生きる、フィッシャー・キング、グッド・ウィル・ハンティング。いつも抑圧的な体制に押しつぶされそうな弱者の側に立ち、正義を貫くために身を挺して戦う等身大のヒーローを、飄々かつ颯爽と演じておられました。特に『いまを生きる』は、当時まだ大学生だったボクの、自我と他我に迷うフニャフニャでグニョグニョの「自己意識」というぬかるみに、ガツンと大きな杭を打ってくれた映画でした。物事を深く考えること、孤独を愛すること、自然を愛し詩を読むこと。映画を観ながら、あのパブリックスクールの教室に自分も席を置いているかのような気持ちで、キーティング先生の型破りかつ思慮深いその一言ひとことに、背中を押されるような、なにかを許されたような、不思議な気持ちになったものでした。オーキャプテン、マイキャプテン。

今年の初旬に放映されていたアップル社のiPad AirのCMで、『いまを生きる』のキーティング先生のモノローグに、映像と音楽を重ねた印象的なコマーシャルがありました。オリジナルのシーンはこちらからどうぞ。

ボクはこの映画を通じて、ウォルター・ホイットマンやヘンリー・デイヴィッド・ソローというアメリカの偉大な詩人の名前をはじめて知りました。特に「死せる詩人の会」の冒頭で朗読されるソローの一節には、ひどく感銘を受けたことを覚えています。

森へ行ったのは、思慮深く生き、人生の真髄を知るためだ。生活でないものは拒み、死ぬ時に後悔のないよう生きるためだ。森の分かれ道では、人の通らぬ道を選ぼう。それですべてが変わるだろう。

ソローは1817年アメリカ生まれ。ハーバード大学を卒業するも生涯定職にはつかず、マサチューセッツ州のウォールデン池湖畔に小屋を建て、自足自給の生活を続けた変人、違う、思想家で、後にその生活の記録を綴った『ウォールデン〜森の生活』を発表。1862年に結核で他界した後、書き留めていた日記や書簡が次々に出版され、自然文学の巨匠として今も根強い人気を誇る詩人です。

映画に感動した当時のボクは、早速『ウォールデン〜森の生活』を購入しましたが、読んでみるとかなり哲学的かつ散文的な作品で、ボクの読解力ではとても歯が立たずに読了ならず。つい最近、本屋で『森の生活』に書かれているソローのエッセンスを、見開きでひとつの言葉を取り上げ、分かりやすく説明している『孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智』という本を発見し購入。四半世紀ぶりにソローの言葉と向き合ってみました。

誰にも出し抜かれない生き方がある。それはゆっくり歩くことだ。

しょっちゅう人に会いに行く。そんな習慣が互いの尊敬心を失わせる。

人間のすべてを耕してはいけない。森を残しておけ。

うーん。やっぱ変人、違う、思想家。でもこの年齢になったからでしょうか、ぼんやりと言ってることは分かる気がするのです。「厭世」とも「清貧」とも違う、他者を求めるがゆえの「美学」のようなもの。好きだからこそ距離を置いてしまう、不器用な男の強がりにも似た吐露。きっと誰よりも熱く情熱的で、「人間」を愛していた方だったのでしょう。

役柄とは言え、そんな先人の言葉をボクに伝え残していってくれたのが、ロビン・ウィリアムズ氏でした。笑顔に奥にある深い知性を宿した瞳をボクは忘れません。オーキャプテン、マイキャプテン。ボクは今でも、思慮深く生きたいと願いつつ、あの教室の机の上に立ちすくんでいます。R.I.P.

-BOOK
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【以前の無人島13日目】斎藤隆介/滝平二郎「モチモチの木」

モチモチの木 (創作絵本 6) 作者: 斎藤 隆介 出版社/メーカー: 岩崎書店 発売日: 1971/11/21 メディア: 大型本 13日目。もうすっかり年の瀬。ここは夢の無人島なので、ちょっと気分 …

no image

【無人島182日目】村上春樹 “はじめての文学”

はじめての文学 村上春樹 (はじめての文学) 作者: 村上 春樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/12/06 メディア: 単行本 182日目。今日、私がみなさんに伝えたいことはひとつ …

【無人島291日目】平野啓一郎 『マチネの終わりに』

マチネの終わりに 291日目。「ハチくんのこと……好きって言ったら……困る?」ブーッ!(←鼻血) ただいま公開中の映画『青空エール』が悶絶するほど気になるのですが、47歳のチョンガーが一人で観に行った …

no image

【無人島28日目】貫井徳郎 “愚行録”

愚行録 作者: 貫井 徳郎 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2006/03/22 メディア: 単行本 28日目。最近なにかと話題の亀田親子。ボクシングの試合よりも、その後のドタバタのほうが話 …

no image

【無人島76日目】村上春樹訳 “グレート・ギャツビー”

グレート・ギャツビー 作者: 村上春樹, スコット フィッツジェラルド 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/11 メディア: 単行本 76日目。もし「これまでの人生で巡り会ったもっと …