CD

【以前の無人島10日目】グループ魂 “TMC”

投稿日:

TMC

TMC

  • アーティスト: グループ魂,天久聖一,宮藤官九郎,板尾創路,富澤タク,前田俊明
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD

10日目。ビッグウェーブでロングライドした後は、午後のポカポカなお日様の下でボー。ああ、いい天気。なんかスカーッと陽気な音楽でも聴きたいですな。マッタリするやつよりも、ウキウキするような、そんなのあるかな? 陽気なCD、陽気なCDと……。あった。でも陽気過ぎ……。

宮藤官九郎といえば、今や超売れっ子の脚本家にして構成作家ですが、もともとは松尾スズキ率いる劇団「大人計画」のメンバーで、そのメンバーたちと作ったのが、このパンクコントバンド「グループ魂」。先月ニューアルバム「TMC」をリリースしました。
80年代に桑原茂一、小林克也、伊武雅刀の「スネークマンショー」なるユニットがありましたが、年代的にちょうど彼らのギャグを聴いて大笑いしていた中学生が、今の「グループ魂」のメンバーなんでしょうな。真似ているワケではないでしょうが、近いものがあります。
「スネークマンショー」でボクが大好きだったのが、「シンナー中毒になっていくペンキ塗りの親方とその弟子の会話」ってやつなんですけど、このグループ魂の新作に入っている「大江戸コール&レスポンス」なんか、まさにその笑いです。最初はイヤイヤなんだけど、どんどんハマっていっちゃって、結局壊れていっちゃう人、ってところが。いやいや、スゴイ笑いました。
以前インタビューでクドカンが「グループ魂」のことを「男子高の文化祭の延長上にあるようなバンド。勉強の合間にやってるのと、役者の間にやってるのの違いだけで」って言ってましたが、このCDを聴いているとよくわかります。気の合う仲間とワイワイなにかを作り上げていく面白さ。誰のためでもなくて、結局自分たちが楽しければそれでいいじゃん?っていうスタンスから生まれる、本当の意味での「エンジョイ」みたいなものが、このアルバムにはぎっしり詰まってるんです。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島221日目】Everything But The Girl 『Time After Time』

Acoustic(SHM-CD) 221日目。今から10年以上前の話ですが、ボクはアメリカのロサンゼルスで働いていたことがあります。本当はニューヨークに住みたくて、現地の日本語出版社に入社したつもりが …

【無人島280日目】Jack Garratt 『Weathered』

Phase 280日目。夏になると子供の頃のことを思い出すのはなぜでしょう? 夏休み、虫取り、スイカ割り、海水浴、花火、川遊び、小旅行、うたた寝、宿題、扇風機。少年時代の夏の回数より、大人になってから …

【無人島226日目】きいやま商店 『さよならの夏』

さよならの夏 226日目。ボクには「幼なじみ」という存在がおりません。子供の頃から現在までずーっとコンスタントに会っているという人間は1人もおらんです。若い頃からフラフラとあちこちに生活の場を変えてい …

【無人島212日目】Mountain Man 『Made The Harbor』

Made the Harbour 212日目。先日、Perfume@東京ドームに行ってまいりました。11年目を迎えた彼女たちの一夜限りのスペシャルライブ。会場は5万人もの観衆で埋め尽くされ、ちょっと異 …

【無人島254日目】寺尾紗穂 『青い夜のさよなら』

青い夜のさよなら 254日目。先月、富士山が「世界文化遺産」に登録されました。パチパチパチ! 素晴らしいですな! ところで、せかいぶんかいさんってなんだ? ちょっと調べたところ、世界遺産には「文化遺産 …