BOOK

【以前の無人島7日目】ジュンパ・ラヒリ「停電の夜に」

投稿日:

停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)

停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)

  • 作者: ジュンパ ラヒリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本

7日目。小熊バーから夜道を歩いて帰ってきたら、すっかり酒が抜けました。シャワーを浴びて水を飲んだら、ベッドに入って本でも読みましょう。でもすぐ寝ちゃいそうだから、さっぱりとした短いのがいいな。こんな静かでシンとした夜にうってつけの短編集と言えば……。ジュンパ・ラヒリの「停電の夜に」。

ジュンパ・ラヒリ。ニューヨーク在住のインド系アメリカ人で38歳の女流作家です。関係ないけど、すごい美人です。「停電の夜に」は彼女が1999年に出した最初の短編集で、この作品でO・ヘンリー賞とピューリッツア賞をダブル受賞しました。
この本には9編の短編が入っていますが、すべてインド系アメリカ人、もしくはインドに住むインド人が主人公になっています。ストーリーの中には少なからずインドとその周辺の近現代の情勢が絡んでいるので、内容を100%理解するにはそこらへんの知識が必要になります。もちろんボクにはそんな知識はこれっぽっちもありませんでしたが、でも面白かった。
1話目の「停電の夜に」の主人公はニューヨークに住むインド系アメリカ人の若い夫婦。自分たちの住むアパートが、工事の都合で1週間だけ、午後8時から1時間ほど毎日停電することになります。いつもはバラバラに食事をとるほど関係のギクシャクしていたこの夫婦は、家事の都合上、停電の期間だけダイニングにろうそくを灯して、一緒に食事をします。そのとき、妻が提案した「告白ごっこ」でお互いがひとつずつ秘密を打ち明けあうのですが……。
夫婦。夜。ろうそくの灯り。食事。お互いの顔が見えない薄闇。秘密。告白……。ぞくぞくするほど大人なシチュエーションです。乾いた筆致と装飾のない文体が心地よく、エンディングも切り捨てるような鮮やかさです。
ボク的にはこの1話目と、3つ目の「病気の通訳」が特に印象に残りました。ちょうど表紙の絵のように、それぞれのストーリーが、インドから来たいろいろなスパイスで味付けされたような、ちょっとエキゾチックで大人な読後感を与えてくれます。ジュンパ・ラヒリ。関係ないけど、すごい美人です。

-BOOK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【以前の無人島16日目】アーサー・ゴールデン「さゆり」

さゆり〈上〉 (文春文庫) 作者: アーサー ゴールデン 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2004/12 メディア: 文庫 16日目。明けました。おめでとうございます。今年もです。しかしお正月 …

【無人島272日目】奥田英朗 『ナオミとカナコ』

ナオミとカナコ (幻冬舎文庫) 272日目。よく「女同士の友情って、男に比べて薄っぺらいよね!」みたいな意見を聞きますが、アレは実際はどうなんでしょうか? もちろん個人の性格に依存する話ではありますが …

no image

【無人島100日目】永沢光雄 “恋って苦しいんだよね”

恋って苦しいんだよね 作者: 永沢 光雄 出版社/メーカー: リトルモア 発売日: 2007/01/26 メディア: 単行本 100日目。若い頃はいくら酒を飲んでも酔っ払わないので、周りの友達から有り …

【無人島281日目】西加奈子 『サラバ!』

サラバ! 上 281日目。子供の頃と成長した後とで、性格が全然違ちゃった!なんていう人は意外と多いのではないかと思うのですが、かくいうボクも幼少時は、人前で歌ったり踊ったりするのが大好きな、ナチュラル …

no image

【無人島94日目】枡野浩一 “ショートソング”

ショートソング (集英社文庫) 作者: 枡野 浩一 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2006/11 メディア: 文庫 94日目。昨日の「昭和の日」振替休日は、友人知人総勢10名で、多摩川べりでバ …