CD

【以前の無人島17日目】Soil & “Pimp” Sessions “Summer Goddess”

投稿日:

Summer Goddess

Summer Goddess

  • アーティスト: SOIL&“PIMP”SESSIONS
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: CD

17日目。無人島で雑煮食ったり、ポン酒飲んだりしてゴロゴロしてましたが、そろそろお正月気分から抜け出して、いろいろやらねばですな。すっかりたるんでしまったお腹と心を引き締めるために、ちょっとガツン!とした音楽でも聴いて、発破かけてもらいましょう。よろしくな、社長!

Soil & “Pimp” Sessions。日本語にすると、「粉塵と伊達男の集い」って感じでしょうか。2001年に結成、ストリートやライブで人気を高め、2003年CDデビューもしていないのにフジロックに出てしまったという強者ジャズ・バンドです。彼らの音楽につけられた呼び名が「爆音ジャズ」。そのスピード感のあるパンキッシュな音は海外でも評価が高く、イギリスのBBCラジオで彼らの特集が組まれたほど。一昨年の朝霧では袖で観ていたロス・ロボスが気に入って自分たちのステージに彼らを引っぱり上げたという逸話も残っています。
面白いのはその編成で、6人いるのですが、サックス、ペット、ドラム、ウッドベース、ピアノ、ともう一人「社長」ってのがいます。この「社長」は何をしてるかというと、MCと掛け声とマラカスとダンスってところでしょうか。ボクは昨年の秋に初めて彼らのライブを観ましたが、「社長」にぐっさり釘付けでした。でっかい体を黒いダブルのスールで包み、ボルサリーノをかぶったヒゲモジャの「社長」は、他の5人が演奏している間、ずーっとダンス。たまに拡声器を持ち出し「ガーーーッ」って叫んでみたり、意味不明な言語でスキャットをかませてみたりと大暴れ。
ライブを観るまでは「この人は何してる人?」と思ってましたが、分かりました。この人、「指揮者」なんですね。それも各楽器の音を統率するのではなく、演奏側と観客側の間を取り持つ指揮者なんです。バンドの出す音に一番に反応して、誰よりもノリノリになり、その盛り上がりを観客側に伝染させていく、いわば煽動者の役。おかげでライブ会場は、ヒップホップのライブかよ!ってくらいみんな踊り狂ってました。ステージ上でその誰よりも汗だくになって踊りまくる「社長」は、楽器やってないからミュージシャンとは呼べないかも知れませんが、明らかに超一流のエンターテイナーでした。
もちろん他の5人の演奏も素晴らしく、特にピアノは傑出です。CDもいいけど、ぜひ一度ライブで生の「爆音」を体感してほしいです。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【無人島25日目】KT Tunstall “Eye To The Telescope”

アイ・トゥ・ザ・テレスコープ アーティスト: ケイティータンストール 出版社/メーカー: 東芝EMI 発売日: 2006/04/12 メディア: CD 25日目。どうも街にガキが溢れてると思ったら、夏 …

no image

【無人島99日目】山崎まさよし “アトリエ”

アトリエ アーティスト: 山崎将義 出版社/メーカー: ユニバーサルJ 発売日: 2003/06/25 メディア: CD 99日目。先週末に有休をくっつけて、宮古島で行われた「美ぎ島(かぎすま)ミュー …

【無人島191日目】KIDS BOSSA presents Michael Covers

KIDS BOSSA presents Michael Coversポップ¥1,833PrincessiTunes Store 191日目。今頃かい!的な話題ですが、マイケル・ジャクソン氏が鬼籍に入ら …

【無人島212日目】Mountain Man 『Made The Harbor』

Made the Harbour 212日目。先日、Perfume@東京ドームに行ってまいりました。11年目を迎えた彼女たちの一夜限りのスペシャルライブ。会場は5万人もの観衆で埋め尽くされ、ちょっと異 …

no image

【無人島150日目】オムニバス “おやすみなさい”

おやすみなさい アーティスト: オムニバス,坂田学,高野寛,嶺川貴子,ハナレグミ,イノトモ,高田漣,内田也哉子,エマーソン北村,MOOSE HILL&原田郁子,KAMA AINA 出版社/メ …