CD

【無人島253日目】元ちとせ 『ひかる・かいがら』

投稿日:2013年6月1日 更新日:

253日目。以前ある仕事で、ハワイに住む日本人女性にインタビューをさせてもらったことがあります。日本にいるときからスキューバダイビングが好きだった彼女は、趣味が高じて会社を退職、ハワイはハワイでも、ホノルルのあるオアフ島ではなく、まだ火山活動も活発なハワイ島に移住し、現地でダイビングのインストラクターとして活躍されておりました。インタビューの中で「どうしてハワイ島だったんですか?」というボクの質問に、彼女は少し考えたあと、こんな風に答えてくれました。

「自分の足にピッタリあう靴を見つけた感じなんです。一度履いたらあまりの心地よさに、もう他の靴は履けなくなっちゃったし、今では脱ぐことすらできなくなってしまった。私にとってこの島はそんな感じです」。

もう10年以上も前の話ですが、ボクは今でも「住むべき場所」について考えるとき、この言葉を思い出します。

先週末、有休をくっつけて宮古島に行ってまいりました。目的は今年で9回目を迎える『美ぎ島(かぎすま)ミュージックコンベンション』。4年前に解散した我が心の「野狐禅」の復活ライブに感涙し、古謝美佐子と夏川りみの世代を超えたデュエットに酔い、一場春夢の3日間を過ごしてきました。

そのライブ会場で、宮古島でイタリアン・レストランを経営されているというシェフとお会いしました。京都出身のそのシェフは、本場イタリアで修行を積んだあと、地元の京都でも東京でもなく、ここ宮古島でお店を開いたのだそう。宮古島の食材の面白さを生き生きと語り、すれ違う地元の人から気さくに声を掛けられている彼をみて、「どうして宮古島に?」という質問も必要ないくらい、ああ、この人も自分にピッタリの靴を見つけた人なんだな、とボクは思いました。ステージでは山崎まさよしの伴奏で、元ちとせが『ひかる・かいがら』を歌っていました。

旅立つ人よ 行方は聞かない
そっと潮風に ゆだねます
砂に埋めた 願いのかけらを
たったひとつだけ 手のひらに
ひかるかいがらを あなたにあげよう
サヨナラを 口にする代わりに
ひかるかいがらを あなたにあげよう
この海の色 おもいだせるように

生涯の伴侶や、天職として仕事を見つけるのと同じくらい「住むべき場所」に出会うのは難しいことでしょう。数多の国、数多の街の中から、自分だけの場所を見つける。もう見知らぬ国に憧れることも、遠い場所に惹かれることもなく、安らかに暮らせる約束の地。ハワイ島の彼女や宮古島のシェフが見つけた「自分の足にピッタリの靴」を探しに、ボクはまだ旅を続けなければなりません。

-CD
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島86日目】Nate James “Kingdom Falls”

キングダム・フォールズ アーティスト: ネイト・ジェームス 出版社/メーカー: 東芝EMI 発売日: 2007/03/21 メディア: CD 86日目。東京は桜が満開です。普段は無骨で醜い身なりをした …

no image

【以前の無人島23日目】安藤裕子 “Merry Andrew”

Merry Andrew アーティスト: 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング 発売日: 2006/01/25 メディア: CD 23日目。無人島で古内東子なんぞのラブソングをひとりで聴い …

【無人島261日目】小泉今日子 『Koizumi Chansonnier』

Koizumi Chansonnier(通常盤) 261日目。どちらかというと、というか、相当テレビに疎いボクは、昨年大流行した『半沢直樹』も『あまちゃん』も、一度も見たことがございませんでした。ちょ …

no image

【無人島17日目】Caroline “Murmurs”

Murmurs アーティスト: Caroline 出版社/メーカー: Temporary Residence 発売日: 2006/03/07 メディア: CD 17日目。明日から沖縄に行きます。きっと …

【無人島203日目】Sofia Pettersson 『Sometimes It Snows in April』 

Slow Down 203日目。ふと気付けば四月も末。今月はもう春だというのに、逆戻りの寒さの繰り返しで、東京では雪やみぞれの日もありました。『春の雪』というと、三島由紀夫の名作を思い出しますが、実際 …