CD

【無人島214日目】Kimonos 『Soundtrack To Murder』

投稿日:2010年11月18日 更新日:

214日目。何かを見たり聞いたりすると、なんの脈絡も無く別のジャンルのものを思い浮かべてしまう。そんな経験はございませんでしょうか? 例えばボクは、ノラ・ジョーンズの『Don’t Know Why』を聴くと、なぜだかエドワード・ホッパーというアメリカの画家の絵を思い浮かべます。海辺の家でぼんやりベッドに腰を掛けている絵が、なぜかこの歌とシンクロするのです。あと、コールド・プレイの『Yellow』は、月の出ている夜のサンディエゴのハイウェイの景色が浮かびます。これはただ、この歌が流行っていた時にボクがサンディエゴに住んでいただけの話なのですが、10年ほど経った今も『Yellow』を聴くと、一瞬だけ夜のハイウェイを運転している気分になるのです。

閑話休題。元「NUMBER GIRL」で、現「ZAZEN BOYS」のフロントマンである向井秀徳氏と、日本人とスウェーデン人のハーフで、4カ国語を使いこなすマルチリンガル・ミュージシャン・LEO今井氏の新ユニット「KIMONOS」。先月リリースされたEP『Almost Human』も話題になっていましたが、昨日ファースト・アルバム『KIMONOS』が発売されました。まずはリード曲『Soundtrack To Murder』のPVをご覧ください。

カッコブーですな。LEOの持つ独特なスタイリッシュさと、向井の持つある種の反逆性みたいなものが、実に上手くマッチしています。なんとなく聞いてると落ち着かない気分になるのに、なぜだか繰り返し聴いてしまうという、不思議な中毒性。どこかで聞いた感じもするけど、よく考えると誰にも似ていない気がするオリジナリティ。素晴らしい。

ところでこの『Soundtrack To Murder』を聴いていて、ボクの頭に不意に浮かんだのが、66日目に紹介した松本大洋の傑作『竹光侍』。出だしの『一ツ橋に〜寝転がってる〜素浪人の〜亡骸〜』のくだりで、すでにボクは瀬能宗一郎と一緒に江戸の町を闊歩している気分になるのです。もしも『竹光侍』が映画になるようなことがあったら、主題歌はぜひこの曲にしてもらいたいです。

あと、LEO今井くんを見ると、いつもダイレクトにナイナイの岡村くんを連想します。これはまあ、ボクだけじゃないでしょうけど。いや、いい意味で。

-CD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島117日目】アナム&マキ “テキレイ”

テキレイ アーティスト: アナム&マキ,河島亜奈睦,本夛真季,中村キタロー 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 2007/08/08 メディア: CD 117日目。「 …

no image

【無人島63日目】David Gray “Life In Slow Motion”

Life in Slow Motion アーティスト: David Gray 出版社/メーカー: Atlantic 発売日: 2005/09/12 メディア: CD 63日目。今日は冬至だそうです。ど …

no image

【無人島91日目】Paolo Nutini “These Streets”

ジーズ・ストリーツ(初回限定盤) アーティスト: パオロ・ヌティーニ 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2007/03/07 メディア: CD 91日目。ボクの好きな本に、 …

no image

【無人島89日目】タテタカコ “イキモノタチ”

イキモノタチ アーティスト: タテタカコ 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2007/03/20 メディア: CD 89日目。ちょうど今から10年前に公開されたスタジオ・ジブリの映画「もののけ姫」 …

no image

【無人島161日目】日吉ミミ “命日”

中島みゆき ソングライブラリー 3 アーティスト: 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 1997/11/19 メディア: CD 161日目。漫画家の赤塚不二夫氏がご他界され、その葬儀で「タ …