CD

【無人島128日目】Louie Austen “IGUANA”

投稿日:

IGUANA

IGUANA

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KLEIN/OCTAVE-LAB
  • 発売日: 2006/10/28
  • メディア: CD

128日目。子供のころに思い描いていた、理想の大人っちゅうのは、家族があり、持ち家があり、もしかしたらビルとかまで持っていて、もちろんお金もたくさんあって、余裕と落ち着きに満ちみちた、ダンディかつセクチーなジェントルマンってなイメージだったワケですが、いざ38歳になった今、我が身を顧みてみると、『♪家族もねえ!お金もねえ!持ち家ねえし、余裕もねえ!』という吉幾三ソング的な男に成り下がっているのでございます。はてさて、なにをどこでどう間違ったのか? いやいや、いまさらそんなことはどうでもいいな。それよりも、今後どう巻き返しを図れるか?が重要。まずは目標の再設定。どんな風になりたいか、誰みたいになりたいか。今のボクにとって年上で憧れちゃう系おっさんは、CKBの横山剣。ああいう色気と老練のバランスが取れた男になりたいな。外国人で言ったら、例えばこのオッサンみたいな。



ルイ・オースティン。1946年生まれのオーストリア人ジャズ・シンガー。今年61歳。70年代には、ニューヨークやピッツバーグ、オーストラリアから南アフリカまで、世界中のホテルのラウンジやクラブを周り、イベントやショーなどで歌ってきたベテラン・シンガーです。ラスベガスのショーでは、サミー・デイヴィス・Jrや、フランク・シナトラなどと同じステージに立ったこともあるのだそう。

まあ、世界中の誰もが知っている有名シンガーにはなれなかったけれど、そこそこ実績も作ったし、世界中旅もできたし、50歳を過ぎて地元ウィーンに戻り、悠々自適に暮らしながら、たまに若いヤツを見つけては「昔、オレはシナトラと一緒に歌ったことがあんだぜ」なんて自慢話をかましつつ、残りの余生を過ごすっていう道もあったはず。つうか、オレだったらそうする。

でもこのルイ爺はそうしなかった。99年、53歳にしてエレクトロニカに路線を変更。「2年やってダメだったら諦めよう」という決意のもと、地元のウィーンのエレクトロニカ・ミュージシャンと組んで、楽曲を制作。00年に発表したシングル「Amore」がヨーロッパのクラブシーンで大ヒットとなり、ラウンジ系コンピレーションシリーズとして名高い「Hotel Costes」にもルイ爺の楽曲が収録され話題になります。その後はコンスタントにエレクトロニカのアルバムを発表し続け、06年にドロップした4枚目のオリジナル・アルバムがこの「Iguana」です。

ルイ爺の魅力はなんと言っても、その声。その少ししゃがれながらも、深くて甘くてインテリジェンスを感じさせる歌声には、30年以上も歌い続けてきた男の年輪が深く刻み込まれています。例えばそれは、ハンフリー・ボガードやケリー・グラントのような、往年のハリウッドスターが持っていた佇まいにも似ていて、カッコつけることのカッコ良さというか、「チョイ悪」とかそんな中途半端なモンじゃなくて、本気で生涯を「PIMP」でい続けることの「艶っぽさ」のようなものを感じるのです。この「Iguana」も、完全にエレクトロニカでありながら、ものすごくハートフルで人間っぽくて、大人の男の色気が匂い立つようなアルバムに仕上がっています。素晴らしいです。

「アートってのは、生死を賭けた行いであるべきなんだ。それ以外はアートとは言わん。ワシは絶対引退はしないし、死ぬ時はステージの上でいいんじゃ。それでいいんじゃ」とは、ルイ爺の言葉。「いいんじゃ」と言ったかどうかは別として、還暦を迎えても尚、守りに入らずに攻め続けるその姿勢と心意気が、ヘタレなボクには刺さります。どこにいようと、何をしようと、その時何歳だろうと、本当はそんなものは関係ないのです。問題は生き方なのじゃ。そうなのじゃ。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島205日目】Peter Gabriel 『The Book of Love』

Scratch My Back 205日目。先日、友人の結婚式に参列してきました。二次会では新郎新婦からのリクエストで、会場で流す音楽の選曲もさせていただきました。結婚式の音楽っつーのは、なかなか難し …

no image

【無人島61日目】Bob Schneider “I’m Good Now”

I’m Good Now アーティスト: Bob Schneider 出版社/メーカー: Vanguard 発売日: 2004/04/13 メディア: CD 61日目。いいか? 恋ってのは …

【無人島258日目】Joni Mitchell 『A Case Of You』

ブルー 258日目。我が家にはトイレと脱衣所が一緒になった、いわゆるサニタリールーム(ってほどシャレたものではない)があるのですが、最近その部屋の壁の柔いところに穴を空けてしまい、みっともないので、シ …

no image

【無人島82日目】寺尾聰 “Re-Cool Reflections”

Re-Cool Reflections アーティスト: 寺尾聰 出版社/メーカー: A&A 発売日: 2006/12/20 メディア: CD 82日目。週末、フジテレビの「僕らの音楽」という …

【無人島192日目】Bonnie Raitt 『I Can’t Make You Love Me』

Luck of the Drawポップ¥2,100ボニー・レイットiTunes Store 192日目。あまり観ている人もいないかと思うのですが、最近ボクの中でブームになっているのが、MTVで放映され …