CD

【無人島112日目】A Hundred Birds “In The Sky”

投稿日:

In The Sky

In The Sky

  • アーティスト: A Hundred Birds,A Hundred Birds,TeN,Yoku,Eric Marie Mouquet,C.A.Kidjo,Kaztake Takeuchi,Michel Eugene Sanchez,J.L.Hebrail
  • 出版社/メーカー: フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • 発売日: 2005/12/07
  • メディア: CD

112日目。最近気になっている、旭化成の「水の星篇」というCM。枯れた湖の映像も美しいのですが、なにより山口百恵の名曲「さよならの向こう側」のカバーをBGMで使用しているところが印象的です。「何億光年〜輝く星にも寿命があると〜教えてくれたのはあなたでした〜」という阿木燿子のセンス冴え渡るフレーズを、やけに深い声の女性が淡々と歌っているのですが、このシンガーは誰なんでしょう? UAにも似とるし、鬼束ちひろっぽくもあるが、多分違うな。早速ネットで検索かけてみると、ネット上でもかなり話題になってるらしく、「あのシンガーは誰?」といった書き込みがたくさん見つかりましたが、なかなか正体が分かりません。んでも、しつこく検索したところ、どうやらこの人たちのカバーらしいですぜ。なるほどー、テンちゃんか。イヒ。



「A Hundred Birds」(以下AHB)。大阪を中心に活動する30人編成のオーケストラ・アクト。ハウスDJとしてヨーロッパでも人気のDJ YOKUが、96年に結成したユニットで、ハウス系でありながらワールドミュージック色の強いノリノリなサウンドスケープで、クオリティの高い作品を発表し続けています。現在8枚のシングルと3枚のアルバムをリリースしております。

「AHB」には数人のボーカリストがいるのですが、そのひとりが今回「さよならの向こう側」で美声を披露している「TeN」。彼女が「AHB」でボーカルを務めている作品では、どれもクレジットで「Feat. TeN」とされているので、メンバーというよりはゲスト・ボーカルの扱いなのかもしれませんが、「AHB」の主要な楽曲には必ず彼女の歌声がフィーチャーされております。少しかすれ気味ながら、深みと包容力を持つ不思議なその歌声は、日本語であるのになぜか外国の言葉を聞いているような、オリエンタリズムを感じさせます。

特にボクが「スゲー」と思ったのは、この05年リリースのセカンドアルバムに収録された、Deep Forestのカバー「Sweet Lullaby」。そもそもこの名曲をカバーしようという、その発想と心意気がスゲーですが、それを見事に歌いきり、オリジナルとまったく遜色のない世界観を打ち出した「TeN」の肝っ玉ぶりが圧巻です。落ち着いた中にも、ちょっと狂気すら感じさせるその表現力は、ボクが天才だと信じてやまない「Salyu」にも負けずとも劣らない存在感があります。

残念ながら彼女の「さよならの向こう側」はまだCD化はされておりません。うーん、これは最後まで聴いてみてえなあ。頼むよ、旭化成さん。イヒ。






【PR】この度、「PHOTO IS…」なる写真ブログをスタートさせました。お暇なときにお寄りください。
http://blog.so-net.ne.jp/photois/

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島226日目】きいやま商店 『さよならの夏』

さよならの夏 226日目。ボクには「幼なじみ」という存在がおりません。子供の頃から現在までずーっとコンスタントに会っているという人間は1人もおらんです。若い頃からフラフラとあちこちに生活の場を変えてい …

【無人島207日目】RADWIMPS 『携帯電話』

携帯電話 207日目。「ケータイ」なんてヤツが出始めてから、かれこれ15年くらいでしょうか。今じゃ日本で持ってない大人はいないんじゃねえかってくらいの普及率ですが、みなさん「ケータイ」って好きですか? …

【無人島284日目】Adele 『When We Were Young』

25 284日目。その時には特に意味があると思わなかった出来事でも、少し時間を置いて振り返ると、「ああ、アレはそういうことだったのね!」などと腑に落ちる場合がございます。例えばボクは25歳の時になんと …

no image

【無人島13日目】野狐禅 “ガリバー”

ガリバー アーティスト: 野狐禅 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2006/06/21 メディア: CD 13日目。残ったものはくたびれた約束と、ゆがんだ足跡と、いつかのあの …

【無人島241日目】畠山美由紀 『わが美しき故郷よ』

わが美しき故郷よ 241日目。あまりにも衝撃的な出来事だったので、まだ半年くらいしか経っていないような気がするのですが、今週末で東北地方太平洋沖地震から丸1年です。実際に被災され、家族も住む場所も奪わ …