CD

【無人島103日目】松任谷由実 “VOYAGER”

投稿日:

VOYAGER

VOYAGER

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1999/02/24
  • メディア: CD

103日目。ハワイ生まれハワイ育ちのナイノアさんは、若い頃「ハワイの人はどこから来たんだろう?」と考えました。文献にはタヒチなどに住むポリネシア人が、紀元前500年から700年頃にハワイに移り住んできた、と書かれていましたが、人類がまだほとんどウホウホだった時代に、どうやって4,000キロの彼方にいたタヒチ人が、ハワイに来れたのでしょう? GPSどころか、海図も羅針盤も、時計すらない時代のミステリーです。そこでナイノアさんは、そういう航海計器を一切使わずに、星や空や波や雲などを読みながら、古代式のカヌーでタヒチまで行ってみようと考えました。「昔の人にできて、今のボクにできないわけがないだろう」。星の位置で針路を測る「スターナビゲーション」という知識を学び、木や布といったシンプルな素材でカヌーを作り、クルーを集いました。そして「自分はどこからきたのか?」というアイデン&ティティを探しに、人間の「ポテンシャリティ」という海へ、ナイノアさんは漕ぎ出したのです。今から30年も前のことです。



先週末まで横浜のみなとみらい桟橋に、ナイノア・トンプソン氏が船長を務める、古代式航海カヌー「ホクレア号」が停泊していました。76年にハワイ〜タヒチ間の初航海を成功して以来、30年以上もの間、文明の機器を一切使わずに、世界の海をどんぶらこ旅してきた古代カヌー。今回は5ヶ月という長い航海を経て、日本に初上陸しました。

船が横浜に入港した6月9日、ボクは友人に誘われて桟橋までその船を見に行きました。ホント小型漁船くらいの大きさしかない、でも驚くほどカッコいい帆船でした。桟橋には大勢の「ホクレア号」ファンが集まり、あちこちでイベントが開かれていました。ボクはまったくナイノアさんのことを知りませんでしたが、「ホクレア号」を紹介した日本のドキュメンタリー映画の上映会を観て、すっかり心酔しファンになりました。映画の中でナイノアさんはこんなエピソードを語っていました。


「最初の航海の時です。真夜中に海が荒れ、星も見えずに、どっちに針路を取ればいいのかまったく分からなくなりました。クルーたちが『船長!進む方向を決めてください!』と私に叫びました。でも私にはまったく分からなかった。だから私は『もうどうにでもなれ』という気持ちで、横になって目を瞑ったのです。諦めてなにもかもを投げ出したような気持ちになったその時、私は厚い雲の向こうに、見えないはずの月の位置がふいに分かったのです。驚いて空を見上げると、ほんの少し雲が切れて、私が思っていたその場所に月が姿を見せ、すぐに消えました。そして私は正しい針路をとることができたのです」。


星の見えないギリギリの暗闇の中で、ふとひらめくように月の位置がわかる。それは奇跡でも偶然でもなく、昔の人々が当たり前のように持っていた能力なのでしょう。文明が発達し道具が増え、生活が便利になったことで、逆に廃れていったしまった人間の内なるポテンシャル。そういうものを少しずつでも取り戻し、次の世代に繋いでいきたいというナイノアさんの志は、まさに男の浪漫です。マジかっこいー。オーキャプテン! マイキャプテン! ボクも連れてってー。


私たちを乗せた船は東へと漕いでゆく。

朝焼けを、夕映えを、果てしなく追いかけて。

月をよぎる雲の色も、波の飛沫さえも、二度と同じ姿はない。

永遠の万華鏡。

遠い海を旅してゆく小さな船の上に、

もっと遠い夢を見てる、あなたがいてよかった。

なぜかとても懐かしい、あなたがいてよかった。


ホクレア号を見ていて、ふいに頭で流れ始めたこの歌はユーミン。83年にリリースされた、その名も「VOYAGER(航海者)」というアルバムに入っている「青い船で」という曲です。無意識に思い出したわりに、まさにどんぴしゃ「ホクレア号」とナイノアさんの歌やなあ、と思った。八王子の呉服屋の娘が、なんでハワイ生まれのボイジャーとシンクロできるんでしょう? ナイノアさんもスゲーけど、ユーミン、あんたもやっぱスゲー。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【以前の無人島19日目】Jimmy Scott “Holding Back the Years”

Holding Back the Years アーティスト: 出版社/メーカー: Artists Only Records 発売日: 1998/10/06 メディア: CD 19日目。厳しくも気持ちい …

【無人島290日目】Suchmos 『MINT CONDITION』

MINT CONDITION 290日目。ランチ時に外に出たら、頭上の高いところから、今年最初の蝉が鳴いておりました。日本人は蝉や鈴虫などの虫の音を、言語と同じ「左脳(言語脳)」で聞いていて、これらを …

no image

【無人島111日目】Elbosco “Angelis”

永遠のニルヴァーナ アーティスト: エルボスコ 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 1997/10/29 メディア: CD 111日目。どうも山手線にガキが多いと思ったら、夏休 …

【無人島189日目】野狐禅 『自殺志願者が線路に飛び込むスピード』

自殺志願者が線路に飛び込むスピード 189日目。興味のない方には全くもってどうでもいいお話かも知れませんが、このブログにも何度となく書いてきた、ボクが愛してやまないアコースティック・デュオ「野狐禅」が …

no image

【無人島19日目】Rei Harakami “Lust”

Lust アーティスト: Rei Harakami 出版社/メーカー: ミュージックマイン・アイディー 発売日: 2005/05/25 メディア: CD 19日目。先週、恵比寿のLIQUID ROOM …