CD

【無人島101日目】竹内まりや “Denim”

投稿日:

Denim (通常盤)

Denim (通常盤)

  • アーティスト: 竹内まりや,Alan Jay Lerner,杉真理,山下達郎,服部克久,センチメンタル・シティ・ロマンス,Piccadilly Circus
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/05/16
  • メディア: CD

101日目。「50歳代の半ばを超え、死の瞬間が確実に近づいていることはよく分かります。30年前のことや20年前のことをオンリー・イエスタディとして思い出せるけど、肉体は確実に衰えています。いまいましくも、その事実をよく承知しています。自分の人生はとりあえず70年、そう勝手に決めています。残すところもう15年もない。その時が一瞬の後のように到来するでしょう。夏休みをあと10数回、ゴールデンウィークもあと10数回、お正月も花見もそうだ。だから1回1回を真剣に生きようと思うけれど、そう思えば思うほど、センチメンタルな感情がこみ上げてきて、涙が出てきてしまう。涙で目がかすむ回数がとみに増しています」。



冒頭は、今読んでいる見城徹著「編集者という病い」という本の、前書きからの抜粋です。見城氏は50年生まれの「団塊の世代」。69年生まれのボクとは二周りほど違うので、彼のこの吐露を、わかるわかる、なんて簡単に言うのは失礼に当たるでしょうな。

でもなんというか、わからないなりに、グッと来ます。いつの時代も、ちょっと前を歩く人たちの言葉や作り出すものは、いつもわからないなりに心に残り、あとになってようやくその意味が分かって、改めて反芻するものなのでしょう。ボクにとって、団塊の世代と呼ばれる人たちは、いつもそんな存在でした。

沢木耕太郎、47年生まれ。村上春樹、49年生まれ。さだまさし、52年生まれ。中島みゆき、52年生まれ。松任谷由実、54年生まれ。ボクはこの世代の人たちの作った歌や本に、大きな影響を受けて育ちました。まだ10代の、何も知らなかった時期に、彼らの歌や文章を、100%は理解できないなりに、確実に自分の血や肉として、取り込んできたように思います。

55年生まれの竹内まりやも然り。中高校生のころに聞いた、「本気でオンリーユー」「マージービートで唄わせて」「元気を出して」などは、うがーこれが大人の恋ってやつなのかー!と、これから訪れるだろう自分の大恋愛に思いを馳せながら、身を捩りつつ聴いておりました。結局大したモンは来ませんでしたけどねー。うがー。

そんなボクにステキな恋の予感を授けてくれた人が、50歳を過ぎ、変わらぬ美声で、こんな歌をうたうようになったのかと。中島みゆきが「重き荷を負いて」で歌った、佳境を過ぎた人生という名の旅路を、竹内まりやの言葉にするとこうなるんでしょうな。やっぱりいまだに100%は理解できないなりに、羨望と憧れをもって、聞き惚れてしまうのです。


春がまた来るたびひとつ年を重ね

目に映る景色も少しずつ変わるよ

陽気にはしゃいでいた幼い日は遠く

気がつけば五十路を超えた私がいる

信じられない速さで時は過ぎ去ると知ってしまったら

どんな小さなことも覚えていたいと心が言ったよ

I Say It’s Fun To Be Twenty

You Say It’s Great To Be Thirty

And They Say It’s Lovely To Be Forty

But I Feel It’s Nice To Be Fifty

満開の桜や色づく山の紅葉を

この先いったい何度見ることになるだろう

ひとつひとつ人生の扉を開けては感じるその重さ

ひとりひとり愛する人たちのために生きてゆきたいよ

I Say It’s Fine To Be Sixty

You Say It’s Alright To Be Seventy

And They Say Still Good To Be Eighty

But I’ll Maybe Live Over Ninety

君のデニムの青が褪せてゆくほど味わい増すように

長い旅路の果てに輝く何かが誰にでもあるさ

I Say It’s Sad To Get Weak

You Say It’s Hard To Get Older

And They Say That Life Has No Meaning

But I Still Believe It’s Worth Living

But I Still Believe It’s Worth Living


まだ死を意識するほどではないけれど、人生の折り返しくらいには来てるという実感はあります。あと10年、あと20年経った時、「It’s Worth Living」と言えるような人生へ、ちゃんと真っ直ぐ歩いて行くためのヒントを、この「Denim」というアルバムから、100%は理解できないなりに、教えられたりしました。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島178日目】野狐禅 “野狐禅”

野狐禅 アーティスト: 野狐禅 出版社/メーカー: 3d system(DDD)(M) 発売日: 2008/12/17 メディア: CD 178日目。すっかり年の瀬でございます。ついこのあいだ、石垣島 …

no image

【無人島110日目】ザ・マスミサイル “人間でよかった”

人間でよかった アーティスト: ザ・マスミサイル,高木芳基,渡部勝敏 出版社/メーカー: ソニーレコード 発売日: 2004/09/23 メディア: CD 110日目。ボクの敬愛するバンド「野狐禅」の …

no image

【無人島63日目】David Gray “Life In Slow Motion”

Life in Slow Motion アーティスト: David Gray 出版社/メーカー: Atlantic 発売日: 2005/09/12 メディア: CD 63日目。今日は冬至だそうです。ど …

no image

【以前の無人島26日目】John Regend “Get Lifted”

Get Lifted アーティスト: 出版社/メーカー: Sony 発売日: 2004/12/28 メディア: CD 26日目。今日はアメリカでグラミー賞が発表されました。5日目に紹介した蟹江さんはラ …

no image

【無人島109日目】Tracey Thorn “Out Of The Woods”

Out of the Woods アーティスト: Tracey Thorn 出版社/メーカー: Astralwerks 発売日: 2007/03/20 メディア: CD 109日目。ボクは一度「こいつ …