BOOK

【無人島51日目】あまんきみこ “車のいろは空のいろ”

投稿日:

車のいろは空のいろ

車のいろは空のいろ

  • 作者: あまん きみこ, 北田 卓史
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1977/05
  • メディア: 新書


51日目。甥っ子が9歳の誕生日を迎えました。ヤツが生まれてから、もう9年経ったのかと思うと軽くクラッとしますが、まだヤツは人生を9年しか生きていないのかと思うと、さらにクラッとします。9歳のガキって、なにを考えてるんだろう? なんで突然狂ったようにジャンプしたり歌い出したりするんだろう? なんで誰も聞いてない時でもペラペラ喋り続けるんだろう? なんでものすごい年上のボクに平気でタメ口なんだろう? なんでポケモンのキャラの名前を全部暗記できるほどの記憶力があるんだろう? ボクも9歳の時があったはずなのに、なんで思い出せないんだろう? 子供って不思議。



昨年の誕生日には、本屋に連れて行って「好きな本を3冊買ってやるから、自分で選びな」と指示したら、「ポケモン」と「星のカービィ」と「デュエル・マスターズ」の単行本を3冊抱きしめながら、ホクホク顔で戻ってきたコロコロコミック中毒のマイ・ネフュー。安くついたし、喜んでもらえたのでいいのですが、さすがに「コイツどうよ?」と思ったので、今年はボクの推薦本をプレゼントすることに。

でもなあ、マジ9歳児の思考&嗜好は分からんしなあ。どんな本買うべ? オレが9歳の時に読んで面白かった本ってなんだろ? そもそも本とか読んでたのか? でも少なくともマンガにはハマってなかったな。一人で絵とか描いてた。暗っ。友達いなかったのか、オレ?

なんて少年時代を回顧しつつ、本屋のキッズコーナーへ。本棚を眺めながらブラブラしてたら、見覚えのあるタイトルを発見。「車のいろは空のいろ」。あ! 持ってた、コレ。しかもスゴイ好きで、何度も読み返してたぞ。おおお。なつかしー。

あまんきみこ著の「車のいろは空のいろ」の初版は1972年。収録作品の「白いぼうし」が小学校の国語教科書に採用されたので、ご存知の方も多いかもしれません。タクシー運ちゃんである主人公「松井さん」と、後部座席に乗ったちょっと風変わりなお客さんとのファンタジーを描いたこの短編集は、今考えるとボクが生まれて初めて出会った「小説」でした。

思わず立ち読み。「山ねこ、おことわり」や「すずかけ通り三丁目」は、書き出しの何行かを読んだだけで、後に続くストーリーが頭の中に湧き上がってくる感じでした。松井さんの台詞をまんま覚えていたり、今でも自分の言葉として使っているフレーズを、文章の中に発見したり、大げさに言えば、ボクの中の何パーセントかは「車のいろは空のいろ」で作られていたことに、改めて気付かされました。この年になっても面白いと思わせる筆致。不器用ながらも心優しい「松井さん」の描写。初めて夢中になって読んだ本が、こんな上質な小説でオレは幸せだったなあと思った。

本って、書いた人の思考そのものだから、本との出会いは、誰かとの出会いに近い。その人の年齢や嗜好やその時の心の状態に因って、同じ本でも大きな影響力があったり、まったく意味を持たないものだったりする。「車のいろは空のいろ」は、今の甥っ子くらいの年のころ、一人で絵を描いたりするのが好きな、ちょっとボンヤリ系ボーイだったボクが、ちょうどいいタイミングで、会うべくして出会った本だったんでしょう。だからこそこんなにも刷り込まれているし、この本からもらったものは、DNAのように今もボクの中に組み込まれているはずです。

つうことで、迷わずこの本を甥っ子にプレゼントしました。おじいちゃんからプレゼントされたニンテンドーDSの新しいゲームに気を取られて、全然興味ナシって態度にかなりムカつきました。おい、そこのクソガキ! ゲームもいいけど、本も読め! ほんでいつか、誰からもらったかなんて忘れてもいいから、この本に出会えて良かったなーと思える本を、ちゃんと見つけるんだぜ、マイ・ネフュー。

-BOOK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島31日目】前川梓 “ようちゃんの夜”

ようちゃんの夜 作者: 前川 梓 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2006/08 メディア: 単行本 31日目。ねえ、ボクたちの出会いを覚えてる? ボクは運命とかかなり信じちゃうタ …

no image

【無人島50日目】須藤元気 “風の谷のあの人と結婚する方法”

風の谷のあの人と結婚する方法 作者: 須藤 元気 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 発売日: 2006/07/28 メディア: 単行本 50日目。「金持ち父さん貧乏父さん」とか「チーズはど …

no image

【無人島151日目】朝倉かすみ “田村はまだか”

田村はまだか 作者: 朝倉 かすみ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2008/02/21 メディア: ハードカバー 151日目。唐突ですが、「人を待つ姿」が好きです。待ち人フェチ。なんじゃそりゃ …

no image

【以前の無人島34日目】劇団ひとり「陰日向に咲く」

陰日向に咲く 作者: 劇団ひとり 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2006/01 メディア: 単行本 34日目。前回、ボクの仕事の話を少し書きましたが、もし今の職業についてなかったら、何をしてた …

no image

【無人島58日目】舛田光洋 “3日で運がよくなる「そうじ力」”

3日で運がよくなる「そうじ力」 作者: 舛田 光洋 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2006/09 メディア: 文庫 58日目。ここにリンゴが3つあります。1つめのリンゴは「かわいいねえ」「お …