BOOK

【無人島9日目】吉田修一 “パレード”

投稿日:

パレード

パレード

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 文庫


9日目。某SNSで知り合った、音楽と本の趣味がボクとドンピシャな「Kさん」の話は、以前の無人島でもお話ししましたが、Kさんの好きな作家の中でひとりだけ、ボク的には苦手な人がいて、それが「吉田修一」でした。以前「パーク・ライフ」って本を読んだことがあるんですが、正直「ダミだこりゃ」と思った。って話をKさんにしたら、「『パレード』を読むべし」とのアドバイス。つうかKさんのご推薦なら、ボクにとってはミッション。イエッサー! 即購入し、一気読み。



東京・千歳烏山の2LDKマンションで共同生活をおくる、20代の男女4人+18歳の男。一見仲良く楽しそうに暮らしている彼らが、実はそれぞれに大きな問題を抱えながら生きています。ひとりひとりを順番にフォーカスしていきながら、彼らの「闇」を浮き彫りにする小説で、2001年の山本周五郎賞受賞作。

途中までは、すごく快適に読めます。軽いし、面白いし、楽しい。でも半ばあたりから、なんか嫌な予感がしてくるんです。どうやら登場人物が全員「壊れてる」ことに気づき始めるんですな。5人それぞれが、1章ずつモノローグ的に語る構成になっているのですが、章を追うにつれ、どんどんその壊れ具合が増し、最後にはホラーばりのエンディングが用意されています。

ボクもある時期、男女4人の共同生活ってのをやっていたことがあり、ちょうど年齢的にも登場人物と同じくらいだったので、なんとなくこの小説の設定の「不自然さ」みたいなものが、よく理解できます。

毎日会ってるけど家族ではなく、気心は知れてるけれど恋人でもなく、一緒に住んでることによって、友達というカテゴリーでもなくなってしまった同居人たち。その気楽で希薄な関係。あの頃のボクたちの陽気さと、この小説の登場人物たちの表面的な軽さがよく似ている気がして、だからこそ後半はやたら怖かった。ボクの同居人も、こんなふうに胸に闇を抱えていたんだろうか? つうか、オレは?

角田光代の「空中庭園」の薄気味悪さにも通じる、上質なヒューマン・ホラーです。仕掛けも巧み。苦手意識も完全克服し、他の本も読んでみたくなりました。以上、ミッション完了です!さすが、Kさん。アイアイサー。

-BOOK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【以前の無人島32日目】島本理生「ナラタージュ」

ナラタージュ (角川文庫) 作者: 島本 理生 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2008/02 メディア: 文庫 32日目。昨日から中くんの歌をエンドレスリピートで激しくヘビローしてたら、なん …

【無人島293日目】西川美和 『永い言い訳』

永い言い訳 293日目。「性善説」「性悪説」という言葉があります。「人は生まれつきは善だが、成長すると悪行を学ぶ!」と説いた孟子さんと、「人は生まれつきは悪だが、成長すると善行を学ぶ!」と説いた荀子さ …

no image

【無人島182日目】村上春樹 “はじめての文学”

はじめての文学 村上春樹 (はじめての文学) 作者: 村上 春樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/12/06 メディア: 単行本 182日目。今日、私がみなさんに伝えたいことはひとつ …

no image

【無人島164日目】Randy Pausch “最後の授業”

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版 作者: ランディ パウシュ 出版社/メーカー: ランダムハウス講談社 発売日: 2008/06/19 メディア: ハードカバー 164日目。前にもチラッ …

【無人島294日目】こうの史代 『この世界の片隅に』

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) 294日目。20年以上前に亡くなった母方の伯母は終戦の日、玉音放送を聞いて他の家族が安堵の溜息を落とすなか、「なんで負けなのよ!もっと戦えるわ!」と悔し …