BOOK

【無人島9日目】吉田修一 “パレード”

投稿日:

パレード

パレード

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 文庫


9日目。某SNSで知り合った、音楽と本の趣味がボクとドンピシャな「Kさん」の話は、以前の無人島でもお話ししましたが、Kさんの好きな作家の中でひとりだけ、ボク的には苦手な人がいて、それが「吉田修一」でした。以前「パーク・ライフ」って本を読んだことがあるんですが、正直「ダミだこりゃ」と思った。って話をKさんにしたら、「『パレード』を読むべし」とのアドバイス。つうかKさんのご推薦なら、ボクにとってはミッション。イエッサー! 即購入し、一気読み。



東京・千歳烏山の2LDKマンションで共同生活をおくる、20代の男女4人+18歳の男。一見仲良く楽しそうに暮らしている彼らが、実はそれぞれに大きな問題を抱えながら生きています。ひとりひとりを順番にフォーカスしていきながら、彼らの「闇」を浮き彫りにする小説で、2001年の山本周五郎賞受賞作。

途中までは、すごく快適に読めます。軽いし、面白いし、楽しい。でも半ばあたりから、なんか嫌な予感がしてくるんです。どうやら登場人物が全員「壊れてる」ことに気づき始めるんですな。5人それぞれが、1章ずつモノローグ的に語る構成になっているのですが、章を追うにつれ、どんどんその壊れ具合が増し、最後にはホラーばりのエンディングが用意されています。

ボクもある時期、男女4人の共同生活ってのをやっていたことがあり、ちょうど年齢的にも登場人物と同じくらいだったので、なんとなくこの小説の設定の「不自然さ」みたいなものが、よく理解できます。

毎日会ってるけど家族ではなく、気心は知れてるけれど恋人でもなく、一緒に住んでることによって、友達というカテゴリーでもなくなってしまった同居人たち。その気楽で希薄な関係。あの頃のボクたちの陽気さと、この小説の登場人物たちの表面的な軽さがよく似ている気がして、だからこそ後半はやたら怖かった。ボクの同居人も、こんなふうに胸に闇を抱えていたんだろうか? つうか、オレは?

角田光代の「空中庭園」の薄気味悪さにも通じる、上質なヒューマン・ホラーです。仕掛けも巧み。苦手意識も完全克服し、他の本も読んでみたくなりました。以上、ミッション完了です!さすが、Kさん。アイアイサー。

-BOOK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島279日目】黒柳徹子 『トットひとり』

トットひとり 279日目。先日実家に帰って、母親と居間で世間話をかましていた時のこと。テレビからある有名人の訃報が流れ、不意に「そうそう、アタシの『遺書』は鏡台の引き出しに入ってるからね」みたいなこと …

no image

【無人島3日目】下田昌克 “PRIVATE WORLD”

PRIVATE WORLD 作者: 下田 昌克 出版社/メーカー: 山と溪谷社 発売日: 2002/04 メディア: 単行本 3日目。先月ボクの友人(男・24)が南米に旅立ちました。仕事を辞め、貯金を …

no image

【以前の無人島25日目】町田康「告白」

告白 作者: 町田 康 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2005/03/25 メディア: 単行本 25日目。さて久しぶりに長い小説にでも取り組んでみましょうか。ボクは短編小説が連れて行って …

no image

【無人島100日目】永沢光雄 “恋って苦しいんだよね”

恋って苦しいんだよね 作者: 永沢 光雄 出版社/メーカー: リトルモア 発売日: 2007/01/26 メディア: 単行本 100日目。若い頃はいくら酒を飲んでも酔っ払わないので、周りの友達から有り …

【無人島291日目】平野啓一郎 『マチネの終わりに』

マチネの終わりに 291日目。「ハチくんのこと……好きって言ったら……困る?」ブーッ!(←鼻血) ただいま公開中の映画『青空エール』が悶絶するほど気になるのですが、47歳のチョンガーが一人で観に行った …