CD

【無人島8日目】Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble “Officium”

投稿日:

Officium

Officium

  • アーティスト: Anonymous, Czech Anonymous, Gregorian Chant, Guillaume Dufay, Pierre de La Rue, Cristobal de Morales, Perotin, Sarum Chant, Hilliard Ensemble, Jan Garbarek
  • 出版社/メーカー: ECM
  • 発売日: 1999/11/16
  • メディア: CD


8日目。梅雨入りだそうです。雨ってメンドーって話を以前書きましたが、何も予定のない日に、窓の外で降っている雨を見ているのは好きです。高い空から、自分の重みぶんのスピードに乗って落っこちてくる銀色の直線に目を凝らしていると、太古の昔、まだ人類がウホウホだった時代にも、雨の日には洞窟の入り口にしゃがんで、今のボクみたいにぼんやり雨を眺めてたフヌケがいたんじゃないかと思う。DNAに刻まれた、雨の日の奇習。



そんなぼんやりした雨の日におすすめなCDが、ヒリヤード・アンサンブルと、ジャズ・サックス奏者のヤン・ガルバレクとのコラボレーションアルバム「Officium」。

何年か前にグレゴリオ聖歌って流行ったじゃないですか。ヒリヤード・アンサンブルは、ああいったいわゆる「古楽」を専門に歌う、イギリスの声楽グループです。彼らがアカペラで歌う聖歌と、ノルウェー出身のサックスプレーヤー、ヤン・ガルバレクのアバンギャルドなプレイのコラボが、この「Officium」。オフィチウムとは、ラテン語で「義務」。

ヤン・ガルバレクはボクのお気に入りのミュージシャンで、彼のアルバムは何枚ももっていますが、どれも暗いです。そして凶暴。決して技巧に優れたプレイヤーではないかもしれませんが、この人からサックスを取り上げたら、なんにも残んないんじゃないかと思わせる、「切実」な演奏をする人です。

このアルバムを買ったのはもう10年ほど前ですが、いまでもふいに猛烈に聴きたくなる時があります。特にペチャンコに凹んでいる時。「癒し系」とかって言葉、あんま好きじゃないんですが、このアルバムはボクにとっては最強の癒しCDで、それも「がんばらなくていいんだよ」なんつう、甘やかしじゃなくて、「お前は孤独だ。でもそれは寂しいことではない」と教えてくれる、逆説的な癒し。

聴く時はいつもヘッドフォンをして、ボリュームをグンと上げて、じっとして聴きます。外は雨。Only is not Lonely.

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島52日目】Oasis “Stop The Clocks”

ストップ・ザ・クロックス(初回生産限定盤)(DVD付) アーティスト: オアシス 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント 発売日: 2006/11/15 メディア: CD 52日目。 …

no image

【無人島64日目】Till Brönner “Oceana”

オセアーナ アーティスト: ティル・ブレナー, ラリー・ゴールディングス, ディーン・パークス, デヴィッド・ピルチ, ジェイ・ベルローズ, ゲイリー・フォスター, カーラ・ブルーニ, マデリン・ペル …

no image

【無人島103日目】松任谷由実 “VOYAGER”

VOYAGER アーティスト: 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 1999/02/24 メディア: CD 103日目。ハワイ生まれハワイ育ちのナイノアさんは、若い頃「ハワイの …

no image

【無人島137日目】新垣結衣 “そら”

そら (通常盤)[DVD付] アーティスト: 新垣結衣 出版社/メーカー: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 発売日: 2007/12/05 メディア: CD 137日目。公開中の映 …

no image

【無人島40日目】Salyu “name”

name(初回限定盤)(DVD付) アーティスト: Salyu, 一青窈, 小林武史, GEORGE HARRISON 出版社/メーカー: トイズファクトリー 発売日: 2006/09/06 メディア …