CD

【無人島8日目】Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble “Officium”

投稿日:

Officium

Officium

  • アーティスト: Anonymous, Czech Anonymous, Gregorian Chant, Guillaume Dufay, Pierre de La Rue, Cristobal de Morales, Perotin, Sarum Chant, Hilliard Ensemble, Jan Garbarek
  • 出版社/メーカー: ECM
  • 発売日: 1999/11/16
  • メディア: CD


8日目。梅雨入りだそうです。雨ってメンドーって話を以前書きましたが、何も予定のない日に、窓の外で降っている雨を見ているのは好きです。高い空から、自分の重みぶんのスピードに乗って落っこちてくる銀色の直線に目を凝らしていると、太古の昔、まだ人類がウホウホだった時代にも、雨の日には洞窟の入り口にしゃがんで、今のボクみたいにぼんやり雨を眺めてたフヌケがいたんじゃないかと思う。DNAに刻まれた、雨の日の奇習。



そんなぼんやりした雨の日におすすめなCDが、ヒリヤード・アンサンブルと、ジャズ・サックス奏者のヤン・ガルバレクとのコラボレーションアルバム「Officium」。

何年か前にグレゴリオ聖歌って流行ったじゃないですか。ヒリヤード・アンサンブルは、ああいったいわゆる「古楽」を専門に歌う、イギリスの声楽グループです。彼らがアカペラで歌う聖歌と、ノルウェー出身のサックスプレーヤー、ヤン・ガルバレクのアバンギャルドなプレイのコラボが、この「Officium」。オフィチウムとは、ラテン語で「義務」。

ヤン・ガルバレクはボクのお気に入りのミュージシャンで、彼のアルバムは何枚ももっていますが、どれも暗いです。そして凶暴。決して技巧に優れたプレイヤーではないかもしれませんが、この人からサックスを取り上げたら、なんにも残んないんじゃないかと思わせる、「切実」な演奏をする人です。

このアルバムを買ったのはもう10年ほど前ですが、いまでもふいに猛烈に聴きたくなる時があります。特にペチャンコに凹んでいる時。「癒し系」とかって言葉、あんま好きじゃないんですが、このアルバムはボクにとっては最強の癒しCDで、それも「がんばらなくていいんだよ」なんつう、甘やかしじゃなくて、「お前は孤独だ。でもそれは寂しいことではない」と教えてくれる、逆説的な癒し。

聴く時はいつもヘッドフォンをして、ボリュームをグンと上げて、じっとして聴きます。外は雨。Only is not Lonely.

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島75日目】ザ・クロマニヨンズ “ザ・クロマニヨンズ”

ザ・クロマニヨンズ (初回限定盤)(DVD付) アーティスト: ザ・クロマニヨンズ 出版社/メーカー: BMG JAPAN 発売日: 2006/10/25 メディア: CD 75日目。ボクはすでに転職 …

【無人島192日目】Bonnie Raitt 『I Can’t Make You Love Me』

Luck of the Drawポップ¥2,100ボニー・レイットiTunes Store 192日目。あまり観ている人もいないかと思うのですが、最近ボクの中でブームになっているのが、MTVで放映され …

no image

【無人島71日目】オフコース “i (ai) “

i (ai) (DVD付) アーティスト: オフコース, 小田和正 出版社/メーカー: 東芝EMI 発売日: 2006/12/06 メディア: CD 71日目。66日目に紹介したボクの敬愛する漫画家・ …

【無人島239日目】Bruno Mars 『Doo-Wops & Hooligans』

Doo-Wops & Hooligans 239日目。冬の寒さがほんの少しだけ緩み、梅にはまだ早いですが、目には見えないところに春の予感がします。暦も今週で弥生に……って、やだ、もう3月?! ブログ超 …

【無人島288日目】Damien Rice 『My Favourite Faded Fantasy』

My Favourite Faded Fantasy 288日目。例えがあまり良くないのですが、まだボクが20代の頃に、ある雑誌に素敵な連載コラムを見つけて、毎回楽しみに読んでいた時期がありました。文 …