BOOK

【無人島7日目】ECD “失点イン・ザ・パーク”

投稿日:

失点・イン・ザ・パーク

失点・イン・ザ・パーク

  • 作者: ECD
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2005/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


7日目。前回、「腰が痛いのー」てな話を書きましたが、なんだかなかなか痛みが引かないのでちょっと心配になって、昨日整形外科に行ってきました。レントゲン撮られて、触診されて、医者が言い放った一言。「まあ、老化現象ってやつですかね」。冗談で言ってんのかと思って、「ワハハ」って笑ったら、笑ってんのはオレひとりで、医者も看護婦もすんごい真面目顔。ワハハハハ。笑っとけ笑っとけ。



「失点イン・ザ・パーク」。タイトルがいいと思いません? 意味わかんないけど、響きがいいし、どんな内容だろ?って興味が湧く。ジャケ買いならぬ、タイトル買い。

作者はジャパニーズラップの草分け的存在である「ECD」。彼が40歳目前にしてアル中になり、レコード会社との契約を切られ、恋人にも捨てられ、入院し、そして退院してから職を探す意欲もなく、死んだように生き続けた日々の「記録」のような処女小説です。

アル中を題材にした作品っていうと、故中島らもの傑作「今夜すべてのバーで」なんかがありますが、この本は「アル中」という病気そのものよりも、それをキッカケに、自分の才能や人生に、どんどん「失点」していってしまう男の物語です。


仕事が見つからなかったらどうしよう、という不安が苦しいのではない。仕事なんかしたくない。ハローワークになんか行きたくない。このまま布団の中から出たくない。でもそれでは死んでしまう。

「死にたくはないだろ、死にたくはないだろ」

布団の中で天井を見つめながら、そう声に出して繰り返す。(本文より)


劇団ひとりの「陰日向に咲く」にも感心したけど、この人も「ホントに初めて?」って思うくらい、上手な物書きさんです。もともと自分でラップの歌詞を書いていたから、文章を作るのはプロなんでしょうが、構成も表現も独特で面白い。読んでいると、自分自身のことのような気がしてきて、グサグサと胸に突き刺さります。

で、なんで腰が痛いって話から、この本の紹介になったのかっていうと、自分でもよく分からんのですが、医者から発せられた「老化現象」っていうキーワードと、この厚顔の居候のように腰に居座るファジーな痛みが、なにやら「失点」という言葉をボクに思い浮かばせたのです。何言ってんだか。ワハハハ。笑っとけ笑っとけ。

-BOOK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【無人島76日目】村上春樹訳 “グレート・ギャツビー”

グレート・ギャツビー 作者: 村上春樹, スコット フィッツジェラルド 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/11 メディア: 単行本 76日目。もし「これまでの人生で巡り会ったもっと …

no image

【無人島143日目】佐々木譲 “警官の血”

警官の血 上巻 作者: 佐々木 譲 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/09/26 メディア: 単行本 143日目。ボクは両親ともが教師だったこともあり、子供の時は「将来の夢は学校の先生! …

【無人島238日目】山田太一 『空也上人がいた』

空也上人がいた (朝日新聞出版特別書き下ろし作品) 238日目。さて年末ですので、今年のレビューの総決算をしたいと思います。まずはBOOK部門。今年出会って面白かった本と言えば、229日目に紹介した『 …

【無人島293日目】西川美和 『永い言い訳』

永い言い訳 293日目。「性善説」「性悪説」という言葉があります。「人は生まれつきは善だが、成長すると悪行を学ぶ!」と説いた孟子さんと、「人は生まれつきは悪だが、成長すると善行を学ぶ!」と説いた荀子さ …

no image

【以前の無人島32日目】島本理生「ナラタージュ」

ナラタージュ (角川文庫) 作者: 島本 理生 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2008/02 メディア: 文庫 32日目。昨日から中くんの歌をエンドレスリピートで激しくヘビローしてたら、なん …