CD

【無人島5日目】松任谷由実”A Girl In Summer”

投稿日:

A GIRL IN SUMMER

A GIRL IN SUMMER

  • アーティスト: 松任谷由実, 松任谷正隆
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2006/05/24
  • メディア: CD


5日目。先週まで雨続きだった東京は、今週いきなり初夏になりました。陽射しがナツいです。空気がなんかモワッとしていて、自分の体が微熱を発しているかのような錯覚に陥る。うーん。これは海だな。海でしょ。ね? 海だよね? って、もうひとりのボクと危ない脳内カンバセーションを交わしつつの、水曜日の会社。仕事は山積み。見ようによっては波の姿にも似た、白いモニターの連なるオフィスで、せめてこのアルバムでも聴きましょう。



松任谷由実 AKA ユーミンのニューアルバム「A Girl In Summer」。テーマはズバリ「海」だそうです。

ユーミンで「海」の歌っていうと、20歳にして発表した名曲「海を見ていた午後」とか、個人的にユーミンベストを作るとしたら絶対外せない「真冬のサーファー」とか、湘南ご当地ソングとして有名な「リフレインが叫んでる」とかが思い浮かびますが、今回の「海」は本人の解説曰く、「ひとりの自分に向き合うこと、ひとり自分と向き合ってみれば、自分の真実、飾らない気持ち、ひとりは孤独じゃないということに気づく」海だそうです。ふーん。ずいぶん内省的な海ですな。

この人の歌って、昔はものすごい歌詞が緻密で、聴いているとドバーッとその詞世界の映像が頭の中に浮かび上がるのが特徴だったんですけど、最近ちょっと変わってきたような。なんつうか、パッと絵が浮かばないっつうか、うまくトリップできんつうか。

って思ってたら、雑誌のインタビューで、最近の歌作りについて、「饒舌にならずに、聴き手に素材としての歌を提供したい」みたいなことを言っていました。つまり細かい筆でディテールまで描き込んだ厚い油絵のようなものじゃなくて、チャコールで軽くデッサンくらいのところで止めておいて、あとは聴き手の皆さんで色付けしてね、ってことらしいです。

大した才能もないやつにそんなこと言われたら「ナニ甘えたこと言っとんじゃ!ちゃんと最後まで描けや!」くらい思いますけど、相手がユーミンじゃね。素直に納得して、改めてこのアルバムを聴くと、確かにそんな感じ。「Forgiveness」なんて、まるで聖書の中の言葉みたいです。そこに何の意味合いを持たせるかは、確かにひとりひとり別のものなのかもしれません。聴き手もちゃんと「描く」覚悟で聴かないと、彼女の歌ではトリップできないってことですな。ハイ。がんばります。

今年の頭に亡くなられたお父上のために歌詞をリライトしたとされる「ついてゆくわ」には、ただ涙。そして感服。キーボードを叩く音が、さざ波のようにリフレインするオフィスで、海まで脳内トリップ。仕事は山積み。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島153日目】タテタカコ 『敗者復活の歌』

敗者復活の歌(DVD付) 153日目。先週末、長野は松本までライブを観に行ってきました。シンガーソングライター・タテタカコ氏のライブツアー初日で、なんとそのタイバンのメンツが、野狐禅、eastern …

no image

【無人島121日目】七尾旅人 “911FANTASIA”

911FANTASIA アーティスト: 七尾旅人 出版社/メーカー: ワンダーグラウンド・ミュージック 発売日: 2007/09/11 メディア: CD 121日目。先日、お能を観てきました。お能なん …

no image

【無人島27日目】Koop “Waltz for Koop”

Waltz for Koop アーティスト: Koop 出版社/メーカー: Palm Pictures (Audio 発売日: 2002/07/09 メディア: CD 27日目。千葉の船橋に、今年4月 …

【無人島220日目】長渕剛 『MOTHER』

JAPAN 220日目。半年くらい前に仕事用の携帯電話を調達したのですが、その番号に時折、間違い電話が掛かってきます。間違い電話の主はいつも同じで、多分ボクの母親と同い年くらいの老婦人。最初のころは「 …

【無人島203日目】Sofia Pettersson 『Sometimes It Snows in April』 

Slow Down 203日目。ふと気付けば四月も末。今月はもう春だというのに、逆戻りの寒さの繰り返しで、東京では雪やみぞれの日もありました。『春の雪』というと、三島由紀夫の名作を思い出しますが、実際 …