CD

【以前の無人島4日目】中孝介 “マテリヤ”

投稿日:

マテリヤ

マテリヤ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2005/12/07
  • メディア: CD

4日目。水平線の向こうにでっかい夕日がずぶずぶと沈んでいったあと、わずかに残っていたオレンジのテリトリーを、スクラムを組んだ群青があっという間に塗りつぶしていきます。たとえこれからどんな楽しい夜のイベントが待っていようとも、ホンの一瞬、この時間だけはうちに帰りたくなるのはなぜでしょう? 太古から受け継いだDNAのせいか? そんな愚にもつかないことを考えていたら、このCDが聴きたくなりました。

中(あたり)孝介は、奄美大島出身で、もともとインディーズで活躍していた島唄の唄者でしたが、今年10月に初のポップス系ミニアルバム「マテリヤ」をリリースしました。
今年の秋口に偶然立ち寄った新宿HMVで、たまたま彼のインストアライブに出くわしまして。それがもうクラクラするほどよかったんです。島唄独特のこぶし。地声すれすれのファルセット。クセのある歌い方なのに、それを感じさせないストレートな声。ちょっと会場をシンとさせてしまうほどの、雰囲気のある歌声です。もうあんまりカンドーしたので、ライブのあと女の子だらけの長い列に並び、サインもらってきちゃいました。いや、もうこの年になるとあんま恥ずかしいもんとかないっすね。もらっとけ、もらっとけって感じで。
特にボクのお気に入りは、このアルバムの1曲目に入っている「家路」。最近J-WAVEの「JAM THE WORLD」のエンディングテーマとしても使用されています。朝でも夜でも、この曲を聴いていると目の前にドバーッと夕暮れが広がっちゃうくらい情景の浮かぶ名曲です。
黄昏、家路、夕餉の匂い。チョンガーなボクには縁のない風景だから、憧れてるだけなのかもな。さ、パーッと飲みにでもでかけるか。飲んどけ、飲んどけ。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島284日目】Adele 『When We Were Young』

25 284日目。その時には特に意味があると思わなかった出来事でも、少し時間を置いて振り返ると、「ああ、アレはそういうことだったのね!」などと腑に落ちる場合がございます。例えばボクは25歳の時になんと …

【無人島245日目】Taylor Swift 『Safe & Sound』

Hunger Games: Songs from District 12 & Beyond 245日目。近年、テイラー・スウィフトちゃんという可愛らしいカントリー・シンガーが人気ですな。弱冠22歳なが …

【無人島265日目】矢野顕子 『ピヤノアキコ。』

ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~ (SACD-Hybrid) 265日目。先日ジャズピアニストの奇才、キース・ジャレットのソロコンサートに行って参りました。た …

no image

【無人島96日目】PE’Z x Nate James “LIVE FOR THE GROOVE”

LIVE FOR THE GROOVE E.P. アーティスト: Ohyama “B.M.W” Wataru,Otis Redding,Nate James,Allen Alvoid Jones Jr …

no image

【無人島147日目】羊毛とおはな “こんにちは。”

こんにちは。 アーティスト: 羊毛とおはな 出版社/メーカー: Living Records Tokyo 発売日: 2008/01/15 メディア: CD 147日目。東京は桜が満開でございます。魔法 …