CD

【以前の無人島3日目】Paul Anka “Rock Swings”

投稿日:

Rock Swings

Rock Swings

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Verve
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: CD

さて、無人島!海!ビーチ!とくれば、やっぱ酒がほしいですな。ビールもいいけど、南国チックにテキーラなんかをなめながら、水平線に落ちてゆく夕日を眺める。ひとりだけど孤独ではない大人な時間。いいねいいね。贅沢ですな。こんな時にかけるCDっつうとだな……。これかな。

1957年にわずか15歳にして「ダイアナ」で大ヒットをかまし、一躍スターダムにのし上がったポール・アンカ。余談ですが、「ダイアナ」は彼の自作曲。ロイヤリティも考えると、15歳にしてもう確変大当たりのドンドンジャカジャカ人生が始まったワケですね。すごいぜ、ポール。
でもリアルタイムで彼の活躍を知らないボクなんかにすると、「シナトラになれなかった、ラスベガスとかでディナーショーやってる過去のスター」くらいに思ってたのですが、今年リリースされたこのアルバムを聴いて認識が変わりました。
全14曲すべてカバー曲で、ヴァン・ヘイレンの「Jump」、オアシスの「Wonderwall」、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」など、オトコ30代にはドンピシャなポップスを、ビッグバンド・ジャズ風にアレンジして歌ってます。もうその歌声がね、なんというか、ものすごい「艶っぽい」んですよ。「色っぽい」んじゃなくて「艶っぽい」。「色っぽい」歌い方をする人は結構いますが、「艶っぽい」歌い方ができる人って、そんなにいないです。どう違うかって言われるとむずかしいんですけど、他にオレが知ってる「艶っぽい」歌い方する人っていうと、あとはニーナ・シモンとかそれこそシナトラとかかな。あんまいないです。
なんだろ? 例えば「色っぽい」は香水の匂いがするんだけど、「艶っぽい」はフェロモンが香るって感じかな。いろんな場所に行って、いろんなものを見て、ドンドンジャカジャカな経験をした人が、自分の余分な荷物を捨てて「これだけでいいや」って身軽になった時の姿。それが「艶っぽい」。足し算ではなく引き算の美学、みたいな。よく分からんが。
とにかく、こういう風に艶のあるオヤジにオレもなりたいもんだと。その前にドンドンジャカジャカもしたいけど。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島206日目】竹原ピストル 『BOY』

BOY(ボーイ) 206日目。 人は何か一つくらい誇れるもの持っている 何でもいい、それを見つけなさい 勉強が駄目だったら、運動がある 両方駄目だったら、君には優しさがある 夢をもて、目的をもて、やれ …

【無人島284日目】Adele 『When We Were Young』

25 284日目。その時には特に意味があると思わなかった出来事でも、少し時間を置いて振り返ると、「ああ、アレはそういうことだったのね!」などと腑に落ちる場合がございます。例えばボクは25歳の時になんと …

no image

【無人島137日目】新垣結衣 “そら”

そら (通常盤)[DVD付] アーティスト: 新垣結衣 出版社/メーカー: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 発売日: 2007/12/05 メディア: CD 137日目。公開中の映 …

【無人島271日目】Mariah Carey and Whitney Houston 『When You Believe』

ホエン・ユー・ビリーヴ 271日目。週末、マライア・キャリーさんのコンサートに行って参りました。稀代の歌姫も、御年44歳。日本の学年的にはボクと同級生の彼女ですが、貧しい出自からその歌声ひとつでスター …

【無人島297日目】Jóhann Jóhannsson 『Orphée』

Orphee 297日目。突然ですが、アメリカ人には「肩こり」がないってご存知です? 英語で「肩こり」を指す単語がなく、「肩こり」の認識がないので、「肩こり」自体が存在しないのだそう。彼らに日本語の「 …