CD

【以前の無人島3日目】Paul Anka “Rock Swings”

投稿日:

Rock Swings

Rock Swings

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Verve
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: CD

さて、無人島!海!ビーチ!とくれば、やっぱ酒がほしいですな。ビールもいいけど、南国チックにテキーラなんかをなめながら、水平線に落ちてゆく夕日を眺める。ひとりだけど孤独ではない大人な時間。いいねいいね。贅沢ですな。こんな時にかけるCDっつうとだな……。これかな。

1957年にわずか15歳にして「ダイアナ」で大ヒットをかまし、一躍スターダムにのし上がったポール・アンカ。余談ですが、「ダイアナ」は彼の自作曲。ロイヤリティも考えると、15歳にしてもう確変大当たりのドンドンジャカジャカ人生が始まったワケですね。すごいぜ、ポール。
でもリアルタイムで彼の活躍を知らないボクなんかにすると、「シナトラになれなかった、ラスベガスとかでディナーショーやってる過去のスター」くらいに思ってたのですが、今年リリースされたこのアルバムを聴いて認識が変わりました。
全14曲すべてカバー曲で、ヴァン・ヘイレンの「Jump」、オアシスの「Wonderwall」、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」など、オトコ30代にはドンピシャなポップスを、ビッグバンド・ジャズ風にアレンジして歌ってます。もうその歌声がね、なんというか、ものすごい「艶っぽい」んですよ。「色っぽい」んじゃなくて「艶っぽい」。「色っぽい」歌い方をする人は結構いますが、「艶っぽい」歌い方ができる人って、そんなにいないです。どう違うかって言われるとむずかしいんですけど、他にオレが知ってる「艶っぽい」歌い方する人っていうと、あとはニーナ・シモンとかそれこそシナトラとかかな。あんまいないです。
なんだろ? 例えば「色っぽい」は香水の匂いがするんだけど、「艶っぽい」はフェロモンが香るって感じかな。いろんな場所に行って、いろんなものを見て、ドンドンジャカジャカな経験をした人が、自分の余分な荷物を捨てて「これだけでいいや」って身軽になった時の姿。それが「艶っぽい」。足し算ではなく引き算の美学、みたいな。よく分からんが。
とにかく、こういう風に艶のあるオヤジにオレもなりたいもんだと。その前にドンドンジャカジャカもしたいけど。

-CD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無人島228日目】寺尾紗穂 『骨壺』

残照 228日目。先日、今話題の映画『奇跡』を観てきました。『誰も知らない』で親に見捨てられた子供たちの「孤独」を描ききった是枝裕和監督が、今回は大人たちに温かく見守られながら、自我と共生を学んでいく …

【無人島225日目】竹原ピストル 『SKIP ON THE POEM』

SKIP ON THE POEM 225日目。元・キャンディーズのスーちゃんがご他界されました。ボクは「キャンディーズ」がデビューした年、小学校1年生でしたから、生まれてはじめて認識した「アイドル」と …

no image

【無人島132日目】Mazzy Star “So Tonight That I Might See”

So Tonight That I Might See アーティスト: 出版社/メーカー: Capitol 発売日: 1993/08/10 メディア: CD 132日目。ぐわーっ! 昨夜書いたレビュー …

no image

【無人島8日目】Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble “Officium”

Officium アーティスト: Anonymous, Czech Anonymous, Gregorian Chant, Guillaume Dufay, Pierre de La Rue, Cri …

no image

【無人島142日目】サカナクション “NIGHT FISHING”

NIGHT FISHING アーティスト: サカナクション 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2008/01/23 メディア: CD 142日目。「ハチさんはどんな音楽が好きな …